【須田幸太 ストレート】NPB引退後社会人復帰で都市対抗優勝!橋戸賞ベストナイン受賞はプロ野球経験者では初!きれいなフォームの高校時代の甲子園映像や横浜DeNAでのピンチの場面の火消しの様子は圧巻! | プロ野球NPB動画速報



【須田幸太 ストレート】NPB引退後社会人復帰で都市対抗優勝!橋戸賞ベストナイン受賞はプロ野球経験者では初!きれいなフォームの高校時代の甲子園映像や横浜DeNAでのピンチの場面の火消しの様子は圧巻!

NPB



1:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

【須田幸太 ストレート】NPB引退後社会人復帰で都市対抗優勝!橋戸賞ベストナイン受賞はプロ野球経験者では初!きれいなフォームの高校時代の甲子園映像や横浜DeNAでのピンチの場面の火消しの様子は圧巻!って動画が話題らしいぞ

2:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

This movie

3:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

NPBで3とか荒れ過ぎわろwww

4:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

最近NPB系のつまらない動画増えてるからな

5:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

高評価14wwwww

6:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

日本語が理解できないバカが多いな

7:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

This is description

須田幸太投手は高校時代茨城県立土浦湖北高等学校時代はエースで4番打者として3年春選抜出場も済美高校と対戦0 – 9で大敗、、、

早稲田大では3年から主戦として活躍し1年の斎藤佑樹と並んで活躍し春優勝。通算30試合8勝3敗で卒業後はJFE東日本に進む。

1年目からHnndaの補強選手として都市対抗に出場しリリーフで活躍し優勝に貢献!若獅子賞も受賞。

2010年ドラフト会議で大学の後輩大石達也の外れ1位で横浜に指名され入団。最初は先発も思ったほど勝ち星が伸びず2015年8月以降中継ぎに配置転換後開花!

ご本人曰く、「先発だと何回投げなきゃいけないという思考をなくした途端に、自分のピッチングができるようになったんです。変な話、いっきに責任感がなくなった」

中継ぎがハマり「究極の便利屋」を目指した2016年はキャリアハイの62試合登板で5勝3敗23H防御率2.68と活躍。その後成績が下降し2018年戦力外に。

古巣社会人JFE東日本に復帰後は2019年都市対抗でリリーフで活躍し優勝に貢献し橋戸賞を受賞。その年のベストナインにも選出。プロ経験者としては初の出来事だった。

通算成績
166試合  16勝19敗1S37H 防御率4.81

8:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

>>7 おつかれ。いつもありがと

9:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

>>7 おつおつ

10:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.06(Sun)

>>7 ありがとう

コメント

  1. 笑った

タイトルとURLをコピーしました